アクセス解析CGI

なちゅからなひび

◎ふつうだけどちょっと普通じゃないかもしれないオンナのなんのこたない日々のおぼえ書きなどつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    • Tag List:

妖怪フェスティバル開幕


本日8月20日(水)~27日(水)まで名古屋ドームで開催中です。
◆妖怪フェスティバル公式サイト
昨日はローカル局で特番もあったようですね。録らなかったけど。(今日21日でした(^^ゞ)

と言う事で、霊気冷気で鼻と喉が冷えすぎて痛くなるほど職場で凍え、カイロを貼ったままドームに乗り込みました。
何度行っても、地下鉄駅から遠い遠い。しかも今回は8番ゲートのみ入場可という始末。めちゃくちゃ歩かされました。

しかも本日の目的(と言うより、今日はこれしか見れんだろう)の「妖怪サミット」会場はほぼ満席(?)状態。皆さん、開演前から並ばれていたようで、定時前に早退してきても半端な席になってしまいました。
が。ステージのサイズを見て、これは後ろ中央よりも多少横っちょでも前の方が良さそうとの直感で、前から3列目ステージ端の席に陣取りました。こういう時お一人様は気楽ね。

そろそろ時間だ、始まるかな?と思っていた矢先…

な、なんと

水木先生が観客席に登場!!


確かに公式サイトで来場されるとは書いてあったけど、まさかこういう事だったとは!!!
思わず全員拍手でお迎えしました。気持ち的にはスタンディングオベイションでしたね。
名古屋の暑さにバテてないかな?などと余計な心配をしている内に、司会のおねーさんが登場して開演の時間となりました。


まずは、ゲストである韓国の民族舞踊団・サムルグァンデの演奏で始まりました。

彼らがステージに出てきて初めて思い出したのは、20年近く前に「サムルノリ」の映像が発売・来日公演などがありかなり話題になった時期があったこと。その頃映像を見て、いつか生で見てみたいなあと思っていたことでした。
こんなに経って、こんな所で実現するなんて…縁て不思議ですね。

民族衣装フェチのワタシにとっては、なかなかワクワク楽しいステージでした。人間が本能的に持っているリズムで、自然に身体が動いてしまう感じ。
でも客席はみんな静かに鑑賞していたので、ワタシもおとなしくしていました…
きっとみんな「あれ?京極さんは?荒俣さんは??ナニコレ?」って感じだったのかもしれません(笑)

演奏が終わり、ようやく進行役の「怪」編集長の郡司さん登場。
そして郡司さんの紹介で、荒俣宏さんと京極夏彦さんの登場となりました。

話題は…淡々と進むよ(笑)
サムルグァンデの紹介をからめて、韓国のムーダンの話。
日本では妖怪が割と普通に浸透してるね、とか。妖怪に限りなく近い人間の話とか。音だけで姿が見えないものに名前をつけて妖怪にとか。
相変わらずまとめるの下手ですみません。
きっとどこかのブログで詳細が書いてある事でしょう。

その後サムルグァンデのメンバーが壇上に上がり、質問コーナー。あ、京極さん&荒俣さんからメンバーへのね。
そして、とぉーーーってもわざとらしく(笑)水木先生を壇上に呼び出して、サムルグァンデの演奏再び。
ワタシの席からは見えませんでしたが、水木先生は踊ってらしたんでしょうか…気になる所です。

今度は客席も要領がわかったのか、後半からは手拍子があったりして一度目よりはかなり盛り上がりました。パフォーマンスも素晴らしかったです。

トークが少なめ?それとも単にあっと言う間に時間が過ぎてしまったのかわからないけれど、ちょっと短く感じた妖怪サミットでした。
でもなかなか名古屋ではこういったイベントが少ないので、とても楽しかったです。

改めて客席を振り返る事はしなかったのですが、どんな感じの客層だったのかもちょっと気になるかな。
京極サンファンが多数を占めてる気がしないでもないですが、ワタシの後ろに座っていた2人(多分女性。自宅でTVを見るかのようにトークに合いの手入れてました)は、水木先生が好きそうでしたね。
080820_02.jpg
今日はあまりゆっくり見てこれませんでしたが、会場内は「鬼太郎」でおなじみの妖怪サン達がウロウロしていて、お客を驚かしたり記念撮影したり楽しそうです。

後は、荒俣さんのコレクション、京極さんの張り子さん達(京極堂シリーズの表紙の妖怪サンです)の展示等がありファンには堪らない一角となっていました。

くだんちゃん始め、妖怪さんのミイラは「妖怪大博覧会」と言うコーナーで見ることができます。他にも貴重な絵巻や草紙等を見ることができます。
こちらはまた次回ゆっくり見ようと思います。

そういえば、サミット中も会場内を見てるときも、「きゃーーー」と言う悲鳴が聞こえてました。
多分ホラーハウス「あきら」(お化け屋敷?)からのものだと思いますが…。

誰か一緒に行ってくれないかなぁ…子供の頃、驚きすぎてお化け張り倒した過去がありますが、さすがにお化け屋敷一人では淋しいっすよ(笑)

あっ!
肝心な話を忘れてました。

地下鉄駅からドームへ向かう通路を歩いているときの事。
妖怪フェス会場から出てきたと思しき、ちびっこ(推定年齢年中男子)と父親とすれ違いました。
そのちびっこ、ワタシに向かって

「あっ!おばけだ!!」

と叫びましたよ…。
父親が慌てて「こらっ!なんてこと言ってんだ」と言ってましたが…ちびっこ、ワタシに何を見たんでしょうね( ̄ー ̄)フフン

「お化けじゃなくて、妖怪だよ」
くらい言って、肩ぐらつかんでやればよかったかしら。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL(右クリックでコピーができます)

コメントありがとう

 

  • commented by 大福丸|-|
  • URL 
  • 2008.08/22 
  • [Edit]
水木先生とはっ!
それはスゴイです!
なかなかお会いできる方ではないですよねぇ
いいなぁ こういう企画。
名古屋って妖怪好きな方多いんですかね?
それか妖怪が多いとか…ミホちゃんみたいに(笑)

妖怪登場 

  • commented by りぶぞー@妖怪帝王・下請け|-|
  • URL 
  • 2008.08/23 
  • [Edit]
名古屋って妖怪多いんですよね実は。
僕も数回遭遇しています、
観たわけではないですが感じてます。
妖怪って生き物ってよりも現象なんですよね~

ってココまで書いておいて、
着地するオチが見つからないので辞めます。

コレも「妖怪かきなぐり」の仕業だったりします。
今年は僕も、年下の妖怪センセも
お互いに「イソガシに取り憑かれた」と言っておりますの。
(^∇^)特に夏の紅いヤツは手強いのよ

名古屋と妖怪 

  • commented by ミホ|7HG7bSAQ|
  • URL 
  • 2008.08/25 
  • [Edit]
>大福丸
少なくてもワタシの周りに限って言えば
結構いる気がする(笑)
こういったイベントも、いわゆる名古屋飛ばしが通例でしたけど
今年は…なんでしょうね?
某所が動いてるんでしょうかね??


>下請け
化野先生は愛知の妖怪も紹介してましたよ。
素敵な声でした(。・_・。)ポッ

年下妖怪センセとは第三戦で会える…かもです。
忙しい皆さんがうらやますぃ今日この頃
ちょっといじけてヒクツになってます(笑)

コメント

管理者のみ表示。
※パスワードを入れておくと、後からコメントの編集や削除ができます※

MONTHLY ARCHIVES

10 ≪│2017/11│≫ 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ENTRY

*最近のエントリー

COMMENT

CATEGORY

TRACKBACK

PROFILE

書いてる人:ミホ@名古屋
以前からのお友達には、めいちんと呼ばれてます。
特技:知らない人に話しかけられる
その他特徴はこちらで。

日記のような日記じゃない覚え書ですが、名古屋周辺関係のメモもしています。
コメントや励ましクリックで、やる気UPしますのでよろしくお願いします(^-^)


なちゅからなひびの中



MOVEMENT

RED RIBBON LINK PROJECT

車椅子マークの駐車場保護運動
車椅子マークの駐車場保護運動
「もし自分に「障がい」がないのなら、車椅子マークの駐車スペースは利用しない」

チーム・マイナス6%

お気に入りブログ

タイトルをクリックするとリスト表示されます
ブログピープル

アクセスページ月間TOP10

INFORMATION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。