アクセス解析CGI

なちゅからなひび

◎ふつうだけどちょっと普通じゃないかもしれないオンナのなんのこたない日々のおぼえ書きなどつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    • Tag List:

オンナノコは女

最近お出かけも外食もほとんどしていないので、昔ばなしでも。
080303_01.jpg


ン年前のある日、仕事の関係で、小学生が出演するとあるコンクール会場にいた。
各自分担して各作業をこなしていたのだけど、ふと手の空いたワタシとK2君が、1時間ほど受付(と言うより、順番待ちの小学生のお相手をする役(ーー;))をまかされることになった。

K2君は当時20代半ばの背の高いハンサム君で、今思うと金城武にちょっと似てるかもしれない。
声もよくて性格もいいので(でも時に辛らつなことをさらっと言うのも知ってる(笑))みんなからかわいがられていた。あ、声が良くてかわいがっていたのは、単にワタシの好みだけか(笑)
ちなみにワタシは当時30代前半(…多分)


さて、会場前でわしゃわしゃと待機しているのは、小学生…と言っても、99%が低学年から高学年女子。まあ、うるさいこと!!

ところが。
ワタシとK2君が受付の席についてしばらくすると、なにやらものすごく視線を感じ始めた。


いやな予感


最初遠巻きにこちらを伺っていた女子数人が、受付の前に近づいてきた。その中にはワタシやK2君を知ってる女子も数人いる。
その内の一番図々しいハキハキしたリカちゃん(仮名)が、話しかけてきた。

「ミホちゃんとK2くんが受付やるの?」

「ちょっとだけね。○○さん達がお昼食べてる間だけ」

などの会話をしていると、その他女子が「K2君って言うんだぁ~」と色めき始めた。

さあ、止まらないぞ。集団女子の暴走開始である。

横目でK2君を見ると涼しい顔をして普通に会話している。
女子達はすでに目がハート状態。ワタシはすでに眼中にないらしい。

「なんでリカちゃん(仮名)、K2君のこと知ってるのよ」
「だって、お仕事でウチにきてもらったこともあるもん。ねー?K2君☆」

「うん、お仕事でね」

大人な回答で軽くかわすK2君。
スイッチが入った女子達。

「ええーっ。ウチには来てくれないの?」
「いつもどこにいるの?」
「どこにいけばK2君にあえるの?」

「はいはい、アナタたち、本番前にそんな余裕あるんかい。もうちっと静かにしてなさい
会場から苦情がくるよ!」

「ちょっと、ミホちゃんは黙ってて!」

…す、すみません。

ここはどこだ。合コンか。K2ファンクラブか。あたしはマネージャか。


そして、ついに出た!出ましたっ!!この状況で出ないわきゃない質問!( ̄▽ ̄)

「ねえ、K2君って、彼女いるの?」

ぷぷぷっ。小学生女子、真剣すぎる。ほほえましいぜ~。K2君にはかわいい彼女さんがいるんだよな~などと一人ほくそ笑んでいた。

「うん、いるよ」

えーーーーーーーっ!?

「はいはい。もうちっとボリューム落としてしゃべってね~」とワタシ。

「ねえ!K2君の彼女って、どんな人!?」
「写真とかないのっ!」(こ、こえ~~~っ)

聞いてやしねぇ(゚д゚)


その上、当の本人が爆弾落としやがった。

「写真も何も、ここにいるじゃん」



えっ!?( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

    (゚д゚ )(゚д゚ )(゚д゚ )


             (゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)


もしかして…(σ´д`*)アタシ?


         ( ;゚д)ザワ(;゚д゚;)ザワ(д゚; )






な・・・なんて発言をしてくれたんだ、K2よ…。

「ミホさん、そうだよね~?」

って、そんないい声で同意を求めるなっ。
でも、ワタシもいい大人ですから。こどもたち、静かにさせたいし。

「そそ。ワタシで~す」

「えーーーーっ!ミホちゃんの方が年上じゃん!」余計なお世話だ。
「そだよ~」開き直る。

「いいじゃん、年上」調子こくK2。


「じゃぁさー


2人はけっこんするの?」

…さすが小学生。直球だよ。
それにも普通に「もちろんするよ」と答えるK2君。
いくら子供相手とは言え、照れもせず軽く言えるK2君に内心衝撃を受ける(笑)。さすがモテ系(当時こんな単語はなかったが)はやる事がスマートだね。あんまりおかしくて、でも笑いをこらえなきゃイケない状態に腹筋が痛くなったけど。

そして。


彼女⇒結婚と言う選択肢意外思い浮かばない小学生は、意気消沈したままなんとなくダラダラと受付周辺にいるだけとなった。
それでもまだK2君のそばにいて会話するだけでいいのな子たちは、それで満足していたようだった。

結果として静かになったし、しばらく視線は痛かったけど、その後顔見知りのこども達からおかしな噂を保護者に伝えられる事もなく、コンクールは無事終了した。

まさか本気にしてるとは思わないけど。
いや、するのか?小学生って…。
でも質問攻めの内容や、20も上のハンサムなお兄さんに振りまく愛想とか、まるっきり大人の女と変わらないんだね。
中学生くらいまでは、女子の方がませてるとは思うけど、本当に笑えるひとときだった。
そして、前にも増して「女性の集団」に恐怖を覚えるようにもなったのだった…(怖)


と、この記事を書こうとして、K2君の現在を調べた所、偶然写真を発見。
全然変わってない、と言うより年を重ねて更にいい男になってました☆しかも、当時「やりたいと思ってる」と言ってた仕事についてがんばってるようで、ホッとしたりして。
今頃当時のお嬢さん位のパパになってても不思議ないんだけどね。
でもって、「ムスメは嫁になんかやらんぞー」とか言ってたりして(笑)


予告☆最近、回想ばっかりしてるので、昔ばなしネタが増えるかもです
    • Tag List:

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL(右クリックでコピーができます)

コメントありがとう

 

  • commented by 薬作り職人|-|
  • URL 
  • 2008.03/04 
  • [Edit]
うちの娘も、じきに女子スイッチが作動して、いろいろとうるさくなるんでしょうね~。標的は、やっぱり息子かな?お兄ちゃん,彼女は???なんて感じ。ポチ!

振り返れば確かに・・・。 

  • commented by びっけ|5In8/kEw|
  • URL 
  • 2008.03/04 
  • [Edit]
女の子・・・どんなに幼くても、しっかり、女やおばさん?!要素が組み込まれてますよね。
振り返ってみれば、私も、幼稚園の頃から既に、母をライバル視して、父を取り合って?!ましたもの。(笑)

女子スイッチ 

  • commented by ミホ|mmMU51W6|
  • URL 
  • 2008.03/05 
  • [Edit]
>薬作り職人さん
どういうタイミングで入るんでしょうねえ~
ワタシは自分自身がそういう境目があまりなかったので
よくわかんないです
標的は…もしかするとお父さんが先かもしれませんよ?( ̄ー ̄)
でも薬職人さんの日記を読む限り、当分大丈夫そうかな?(^-^)

振り返ってみました 

  • commented by ミホ|mmMU51W6|
  • URL 
  • 2008.03/05 
  • [Edit]
>びっけさん
うーん?元々遊び仲間や周囲にあまり女子がいなかったせいか
改めて男性を意識する機会が来たのが人より遅かったかも(^^ゞ
弟はいるんですけどね。
びっけさんはお父様が大好きだったんですね。
お母様と取り合うなんて、女子の鏡!ですかも(笑)

コメント

管理者のみ表示。
※パスワードを入れておくと、後からコメントの編集や削除ができます※

MONTHLY ARCHIVES

10 ≪│2017/11│≫ 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ENTRY

*最近のエントリー

COMMENT

CATEGORY

TRACKBACK

PROFILE

書いてる人:ミホ@名古屋
以前からのお友達には、めいちんと呼ばれてます。
特技:知らない人に話しかけられる
その他特徴はこちらで。

日記のような日記じゃない覚え書ですが、名古屋周辺関係のメモもしています。
コメントや励ましクリックで、やる気UPしますのでよろしくお願いします(^-^)


なちゅからなひびの中



MOVEMENT

RED RIBBON LINK PROJECT

車椅子マークの駐車場保護運動
車椅子マークの駐車場保護運動
「もし自分に「障がい」がないのなら、車椅子マークの駐車スペースは利用しない」

チーム・マイナス6%

お気に入りブログ

タイトルをクリックするとリスト表示されます
ブログピープル

アクセスページ月間TOP10

INFORMATION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。