アクセス解析CGI

なちゅからなひび

◎ふつうだけどちょっと普通じゃないかもしれないオンナのなんのこたない日々のおぼえ書きなどつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    • Tag List:

マッチョな狛犬~護国神社

071201_10.jpg さて、少し歩いて愛知県護国神社へ。
と言っても外堀通りを渡るだけですが(笑)
そう、もうこの辺りは名古屋城下なのです。

信号待ちしていると、色打掛の花嫁&紋付袴の花婿さんのご一行が道を渡ってきました。
お友達とわいわい楽しげに歩いてるんで、一瞬「???」となりましたが、多分護国神社でお式を挙げて、近くの披露宴会場への移動なんでしょうね。

こちらは名前の示すとおりの神社で、慰霊碑がたくさん…。
今の私には来るものがあったので、さらっと流すだけにしました。
こちらは参拝客もおらず静かなもんで、一般参拝は神門前でのお参りになるので、古い社殿が好きな私にはちょっと物足りないかな?

そんな中、驚いたのが

こ・・・狛犬??

071201_06.jpg 071201_09.jpg

向きが対じゃなくてスミマセン。

もんのすごい筋骨隆々です。
角まであります…。鞠も子犬(?)も踏んでません。
迫力ありすぎて、思わず「おあ?、おおっ??」とつぶやいてしまいました…。

と思って調べたら…

一般的には、向かって右側の像は「阿形(あぎょう)」で、角はなく口は開いている。そして、向かって左側の像は「吽形(うんぎょう)」で、1本の角があり口を閉じている。両方の像を合わせて「狛犬」と称することが多いが、厳密には、角のない方の像を「獅子」、角のある方の像を「狛犬」と言い、1対で「獅子狛犬」と称するのが正しいとされている。昭和時代以降に作られた物は、左右共に角が無い物が多い。これらは本来は「獅子」と呼ぶべきものである。
Wikipediaより

へえええええええーー。
角のあるタイプは今まで見た記憶がなかったんですが、そういう定義があったんですね。
一つお勉強になりましたわ。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL(右クリックでコピーができます)

コメントありがとう

コメント

管理者のみ表示。
※パスワードを入れておくと、後からコメントの編集や削除ができます※

MONTHLY ARCHIVES

06 ≪│2017/07│≫ 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ENTRY

*最近のエントリー

COMMENT

CATEGORY

TRACKBACK

PROFILE

書いてる人:ミホ@名古屋
以前からのお友達には、めいちんと呼ばれてます。
特技:知らない人に話しかけられる
その他特徴はこちらで。

日記のような日記じゃない覚え書ですが、名古屋周辺関係のメモもしています。
コメントや励ましクリックで、やる気UPしますのでよろしくお願いします(^-^)


なちゅからなひびの中



MOVEMENT

RED RIBBON LINK PROJECT

車椅子マークの駐車場保護運動
車椅子マークの駐車場保護運動
「もし自分に「障がい」がないのなら、車椅子マークの駐車スペースは利用しない」

チーム・マイナス6%

お気に入りブログ

タイトルをクリックするとリスト表示されます
ブログピープル

アクセスページ月間TOP10

INFORMATION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。