アクセス解析CGI

なちゅからなひび

◎ふつうだけどちょっと普通じゃないかもしれないオンナのなんのこたない日々のおぼえ書きなどつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    • Tag List:

夕凪の街 桜の国

  • posted in
最近本を買う時は、欲しい物まで一直線に行って手に取り買うって事が多かったんで、知らない作家の本を買う事が減っていたのだけど、今日は久しぶりにコミック売場で見つけた。

帯によると「平成16年度文化庁メディア芸術祭 マンガ部門大賞受賞」「朝日新聞紙上で2週にわたって絶賛」とある。おまけにみなもと太郎氏のコメントで「~これまで読んだ多くの戦争体験(マンガに限らず)で、どうしても掴めず悩んでいたものが、ようやく解きほぐせてきた思いです~」とあるのだけど、読後の気持ちはまさにこの感じ・・・であるのだけれど、実際に読み終わった後あたしが感じたこの感覚をどう伝えていいのかわからない、てのが本当です。
ニュースを読んでも涙ぐむようなあたしが、この本を読んでも涙は出なかったのは何故なんだろう?かと言って、くらーい気持ちになったわけでもない。答えは出ないのだろうけど。

今年は戦後60年。テレビを始めとした各メディアで様々な情報が流れるでしょう。
でもたった今この世界のどこかで、誰かが特定の個人相手にでなく、1人でも多くの人が死ねばいいと思ってるのかもしれないんですね。
平和であることに鈍感でいないようにしなくちゃなぁ・・・

うーん。いつにも増してオチなし(汗)
とりあえず機会があったら手に取って見てください。
「うちは この世におってもええんじゃと 教えてください」
夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社

この商品の詳細を見る


■著者名: こうの 史代
■ISBNコード: 4575297445
■判型/頁 : A5判/103頁
■価格: ¥840 (税込)
■発売日: 2004/10

《出版社/著者からの内容紹介》
昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL(右クリックでコピーができます)

コメントありがとう

コメント

管理者のみ表示。
※パスワードを入れておくと、後からコメントの編集や削除ができます※

MONTHLY ARCHIVES

07 ≪│2017/08│≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ENTRY

*最近のエントリー

COMMENT

CATEGORY

TRACKBACK

PROFILE

書いてる人:ミホ@名古屋
以前からのお友達には、めいちんと呼ばれてます。
特技:知らない人に話しかけられる
その他特徴はこちらで。

日記のような日記じゃない覚え書ですが、名古屋周辺関係のメモもしています。
コメントや励ましクリックで、やる気UPしますのでよろしくお願いします(^-^)


なちゅからなひびの中



MOVEMENT

RED RIBBON LINK PROJECT

車椅子マークの駐車場保護運動
車椅子マークの駐車場保護運動
「もし自分に「障がい」がないのなら、車椅子マークの駐車スペースは利用しない」

チーム・マイナス6%

お気に入りブログ

タイトルをクリックするとリスト表示されます
ブログピープル

アクセスページ月間TOP10

INFORMATION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。