アクセス解析CGI

なちゅからなひび

◎ふつうだけどちょっと普通じゃないかもしれないオンナのなんのこたない日々のおぼえ書きなどつらつらと。

●カテゴリー「TVとか」 のエントリー●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    No. |
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • Edit |
  • PageTop

最終回

終わっちゃったよ、「あしたの、喜多善男」。
珍しく毎週欠かさず観てたドラマ。ちょっとミステリー仕立てで、毎週1日が過ぎていくストーリー。
視聴率が悪いのが不思議なくらいだったけど、ラストに向けて評価もあがっていったようでよかった。
そして今回も小曽根真の「Alone Again」がとても効果的で、サントラ買ってもいいかもと思ってしまった。

で、最終回。
ある意味「あっさり」なエンディングだったけど、ワタシとしてはこれでよし。
初主演と言う小日向氏とはじめ、全員が個性的なキャラクターだったので、それぞれお気に入りの人にとっては、何かと言い分があるかもしれません(笑)
平太@松田龍平の
「おやじに生きててほしかったんだよ」
と言うせりふは、「違うから」と思いつつ故優作を思い出してしまったりして…。

個人的には保険調査員杉本@生瀬勝久がいいスパイスになってて美味しかったなあ。

「11日間」が終わり、各自なにかとけじめをつけた人々が、また日常へ戻っていく…でもその日常は12日前の日常とは、ちょっと何かが違ってる。このドラマみたいなスリルとサスペンス(と言っても、それがメインではない)ほどのドラマはそうそう起きないだろうけど、幸せな日々なんてのは、結局こういう事の積み重ねなんだろうなあ、などと思ってみたり。
で、ドラマとしては「主役」である喜多さん@小日向文世が、特別日の目を見ることがないどころか不運続きなでも「普通の人」を演じきったのも、バイプレイヤーとしての才能なのかな。やっぱりすごい俳優さんです。


で、ショックな事。
ドラマを見る前にマニキュアを塗って、見終わる頃には乾くだろうと踏んだワタシ。
しのぶ@吉高由里子がリハーサルで朗読する場面で、涙が出てきてしまったワタシ。
そしてそれを拭こうとティッシュに手を伸ばすワタシ。

がつん。

マニキュアが…(T_T)/~~~

と言うわけで、右手の人差し指だけ、色が濃いです。



うわー。更にショック。午前2時過ぎズズズズ、ズシンッ!って(´Д⊂ヽ
震度1だけど、寝られない…


カレーの為に死ぬのやめるのって素敵なことだと思うのであった
     ↓
スポンサーサイト

10000カウントとテレビドラマ

何気にカウンターを見たら、昨日の内に10000超えてたんですね。
ちょっと前に、9900行ってるなあ、と思ってたらあっという間だったわ。どうもありがとうございます。



とび蹴りを見て松田龍平に惚れ直したテレビドラマ「あしたの、喜多善男」、イマイチ視聴率が悪いようで…。
ワタシは1回目から見てるんだけど、なかなか面白いんだよね。
公式サイト「あしたの、喜多善男」
フジテレビ番組紹介

主人公の小日向文世さん演じる「喜多善男」が45歳って言う設定だけは、少々不満だけど(^^ゞ
小日向氏始め、芸達者な人がたくさん出てるし、ミステリー仕立てで進むストーリーも面白いし、なんでそんなに視聴率が悪いんだろ?
打ち切りにならないといいんだけど。まだ後5日残ってるのに…(見てる人にしかわからないのだ☆)

松田龍平目当てで見始めたドラマだけど、意外に気になるのが落ち目アイドルを演じる吉高由里子ちゃん。くるくる変わる表情の演技がとても良い。他の出演作品も見てみたくなったわ。
それと音楽。
メインはジャズ・ピアニストの小曽根真。実際のライブの様子もドラマにからめて出てきたりしてスタイリッシュなBGMがドラマを盛り立ててる感じ。
そしてエンディングは山崎まさよし「真夜中のBoon Boon」。ちょっとコミカルなエンディングに合うテンポのいい曲。

うーん。視聴率が上がらないのは見てる人が少ないから?なんだろうけど、見てない人は知らないんだよね?
ワタシ自身あまりドラマを見る方ではなくて、毎シーズン1作くらいなんだよね。
そして毎回あまり視聴率が上がらない、でもファンは確実にいる作品。

はっ。
もしかしてワタシが貧乏神…?(ーー;)

『SP』がおもしろいのだ

071130_02.gif夜型のワタクシが好きな時間帯です。
月9とかって、まず観た事ないし(笑)
あ、でも水曜は「相棒」を観てますね。結局ラブストーリーはほとんど観ないワタシは、主にミステリー、サスペンス、思いっくそ本格的ドラマ、時代劇…あとはドキュメンタリー系がスキなようです。

と言いつつ、実は1話目を観損ねて、録画もし損ねて泣きたくなってたんですわ。
2話目からは、しっかり録画してじっくり観とります。
主演の岡田准一も提真一もワタシの「声フェチ」リストに入ってるメンバーで、それだけでもうれしいのに、ストーリーと画質?のよさは深夜枠にはもったないくらいすばらしい
そして、真木ようこちゃんがめっちゃキュートなのだ(この場合の「キュート」は観てる人にしかわかるまい(^^ゞ)

でもって、フルBGMなのよね?多分。
だから余計に入り込みやすいのかも。
最近こういうの多いよね。毎回毎回映画を観ているようで楽しみ。

特に今回は病院乗っ取りテロリスト、ってネタだったのでアクションも見ごたえたっぷりでしたぞ。
テロリスト役も「ダイハード」以降すっかり定着した「クールなテロリスト」って設定で、かっこよかったわ。銃は手に持っているものの、使う機会はなく、唯一使う羽目になった時…て感じで、ハリウッドのアクション映画パターンを踏襲してはいるものの、なかなか乙な展開でした。

と言うわけで、次は愛知では本日23:10から放映だよん。
でもって前枠が「ワールドカップバレーボール」やから延長可能性あり。録画時間に注意なのだ

「SP」オフィシャルサイト

char×鮎川誠+white room

超かっこいい!!!





超、なんて初めて使ったよ(笑)

ソーセージは曇りの日に

「時効警察」終わっちゃいましたねぇ。

「イギリス人は日曜に眼鏡をかける」謎よりも、「ソーセージは曇りに日に食べるもんでしょ」って方が最期まで気になって仕方なかったけど(笑)

毎回、「あー面白かった」で観終われるドラマって久しぶりで、かなり楽しませていただきました。
ビデオに録って観てたおかげで、背景やセリフなんかのツッコミ所もしっかり堪能しちゃったよ。

もともとあまりTVドラマを観ない方なんだけど、最近って原作付のものが多いせいか「どっかで見た(読んだ)お話」になっちゃってるような気がしてたところへ登場した「時効警察」。
オダジョー&麻生久美子ファンでなかったとしても、見続けたんだろうな。
(そーです、あたしは以前から麻生久美子ちゃんが好きなのです♪)

先日のオリコンの発表でも、「時効警察」は年代問わず人気があったとのこと。

そして「20代社会人」1位、「30代」4位、「40代」2位とこちらも高い"満足度"を示したオダギリジョー主演、テレビ朝日系『時効警察』。
『アンフェア』もしかりだが、"相棒"との行動を通してドラマの核心部分に近づいていくという、近年主流の"バディもの"。その中にあって注目したいのが、高い評価の声が上がった"ストーリー・脚本"についてだ。
 オダギリジョー、麻生久美子が演じるキャラクターを面白おかしく振り回していくストーリー展開の妙はさながら、かつてこの時間帯から生まれ、映画やスペシャルにまで成長していった『TRICK』を彷彿とさせるものを感じる。『時効警察』もまた、ゴールデンやスクリーンへと進出していくのだろうか、興味は尽きない。


いやいや。
「TRICK」がゴールデンに行ってからの内容にがっかりしたあたしとしては、もし続編があるのなら、絶対この時間帯にお願いしたいもんです。

6月23日にはDVDBOXが発売になるそうだし、今後にも期待したいとこ。だってね、「時効管理課からのおしらせ」メールにも、こうあったんだもの。

というわけで最後まで、いや、その後も『時効警察』をどうぞよろしくお願い
します。

時効警察

今更ご報告ですが、観てます。
残念ながら、初回~2回目の放送は見逃してしまったけど。
基本が金曜夜11時過ぎの放送ってこともあってか、視聴率稼いでるみたいですね。

あたしはオダジョー目当てで観始めたけど、なかなかどうして毎回おもしろい。
1話完結で、ストーリーごとに脚本・演出が変わるせいか、全体のトーンは変わらないのにちょっとした小細工とかが楽しめるのだ。

主演のオダジョーは、何も趣味がないのを指摘され、そんじゃってことで「時効になった事件」を整理しながら解決する事を趣味にしてしまった警察官、霧山修一朗。
個性的な上司、同僚に囲まれて、麻生久美子演じる三日月と一緒に難(いろんな意味で)事件に挑むのだ。

ちなみに名古屋地区での放送は、土曜日深夜1:00~1:55 です。
深夜の妙なテンションになってる時に見ると、必ずハマります(笑)

テレビ朝日「時効警察」ホームページ


残して遊ぶ元気な爺婆

060106_02.gif
以前から気になってはいたのだが、今日久しぶりに見たCMで思いだしたのだ。
東海地区限定でのCMなので、地元の方は割と目にする事が多いとは思うんだけど、とにかくポジティブなCMなのです。

で、なんのCMかと言うと、葬儀会館なのです。
ええ、お葬式を行う会場の、葬儀会館TEARさんです。

「TEAR=涙、嘆きなど」なんて名前がついているけど、とにかくCMは明るい。そして、「なるほど!」と思えちゃう。
最期の時に必要なお金を残しておいたら、後は使って何度目かの青春を謳歌するも良し、日常生活を潤すも良し、って内容なのだ。
亡くなった祖母達も、「自分の葬儀代とアンタ達に残す分が取ってあれば、後は生きるために使うのよ」なんて言ってたしなあ。

「逝き方」じゃなくて「生き方」を応援する葬儀屋のCMって、なんかおもしろいじゃない?( ̄ー ̄)

MONTHLY ARCHIVES

03 ≪│2017/04│≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ENTRY

*最近のエントリー

*TVとか*のエントリー

COMMENT

CATEGORY

TRACKBACK

PROFILE

書いてる人:ミホ@名古屋
以前からのお友達には、めいちんと呼ばれてます。
特技:知らない人に話しかけられる
その他特徴はこちらで。

日記のような日記じゃない覚え書ですが、名古屋周辺関係のメモもしています。
コメントや励ましクリックで、やる気UPしますのでよろしくお願いします(^-^)


なちゅからなひびの中



MOVEMENT

RED RIBBON LINK PROJECT

車椅子マークの駐車場保護運動
車椅子マークの駐車場保護運動
「もし自分に「障がい」がないのなら、車椅子マークの駐車スペースは利用しない」

チーム・マイナス6%

お気に入りブログ

タイトルをクリックするとリスト表示されます
ブログピープル

アクセスページ月間TOP10

INFORMATION

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。